社員研修で個々の能力が伸ばされる

転職を繰り返す間に、社員研修といっても多岐に渡ることを知りましたが、企業にとって悩みも生まれるようです。
目的ごとに研修の使い分けが必要で、成果がなければ社員研修の意味もなくなってしまいます。
例えば、必ず実施すべき研修はあるのか、企業実績あるいは称賛されるために悩む企業も少なくありません。
入社前、いわゆる新人研修を実施するにはどんな方法を用いるべきなのか、立場ごとに必要な研修が分からない企業もあるでしょう。
新人から若手、中堅などの立場で異なり、例えば、新入社員研修では、若手が成長をするなら、新人は基礎を固めることが求められます。
私の新人時代は、身につけてほしいことを、徹底的に仕込まれました。
仕事上のルール、業務に必要な知識も何故必要なのかを伝えてくれたので、確実な理解ができ、自然に自分で考えて行動できる自律に繋がりました。
若手社員研修の際には、力を伸ばすことができ、指示されたことを過不足なくクリアできました。
新人や同僚との協働、円滑にコミュニケーションを図ることも要求されますし、結果、私の場合には新入社員の面倒まで見ることもありました。