学生との違いをしっかり教える必要がある社員研修

新卒が入って来ると、社員研修をする必要があります。
そこには、会社とはどんなものか、どのように成り立っているのかなどを詳しく教え、一日も早く会社のための戦力となってもらう必要があるからです。
まず、学生と社会人の違いをしっかり教える必要があります。
多くの学生が勘違いしていることに、自分たちはもう大人と考えていることです。
実際に自立を経験していない人が多い新卒の人たちですが、20歳を超えたことで自分たちは勝手に大人と思い込んでいることが多いのです。
その意識を変えてあげることから、社員研修は始まると言って良いでしょう。
そして自立の意味をよく理解してもらった後、自律を教えることになります。
そこには、社会人とどのような役割を果たすことになるのか、社内と言う組織の中でどのような役割をするのかと言った考え方を知ってもらうことになります。
学生時代の組織と働く社会での組織では、同じ組織でも大きく違っている訳で、上司、先輩といかに円滑な会話が出来ることが大切なのか、と言った点にもついても詳しく研修で教える必要があります。